別府原爆センター閉鎖へ 利用減、老朽化で(2011年05月25日)

以下、大分合同新聞の記事です。[2011年05月25日 10:14]

別府原爆センター閉鎖へ 利用減、老朽化で
a0212770_22312470.jpg

50年の歴史に幕を下ろす別府原爆センター=別府市小倉

 別府市小倉の原爆被爆者別府温泉療養研究所(別府原爆センター、埴谷正法所長)が、利用者の減少などを理由に今月末で閉鎖することが24日、センターへの取材で分かった。運営する県原子爆弾被爆者対策協議会は、6月に開く理事会で今後の対応について正式に決める予定。
 センターは、被爆者のための温泉療養施設。温泉を利用した被爆者の健康保持、増進を目的に1960年に国内で初めて開設。鉄筋コンクリート4階で、宿泊室(全26室)と温泉大浴場などがある。被爆者とその家族らを受け入れ、昨年までの約50年間で延べ87万人が利用した。ピークの80年代後半には年間約2万3千人が訪れていたが、被爆者の高齢化や被爆者を受け入れる温泉療養施設が広島、長崎でも整備され、利用客は年々減少。昨年の利用者は約6500人だった。
 亡くなる人や別府までの移動が難しい人が増加。近隣の宿泊施設との競争もあり、近年は一般の希望者も利用できるようにして、てこ入れを図ったが利用者数は伸びなかった。
 建物の老朽化で耐震工事の必要性にも迫られ、昨年秋から閉鎖を検討。5月初めまでに「センターとしての役目を終えた」と判断し、閉鎖を決めたという。
 埴谷所長(79)は「別府を第二の故郷と言ってくれる被爆者の方もいたので、寂しい気持ちでいっぱいだが、センターの果たすべき役割は全うできたと思う」と話している。
[PR]
# by b8spa | 2011-05-25 23:59 | ニュース

別府・阪神航路100周年 秋に昼便運航(2011年05月25日)

以下、大分合同新聞の記事です。
[2011年05月25日 10:21]


a0212770_22354086.jpg

別府・阪神航路100周年 秋に昼便運航

 別府・阪神航路開設100周年記念事業実行委員会(会長・上月敬一郎市旅館ホテル組合連合会長)は24日、広瀬勝貞知事に就航100年を祝う記念事業の開催計画を報告した。広瀬知事は「大事な航路であり、どんどんPRしてほしい」と節目を迎えた航路の活性化への期待を語った。

 記念式典は27日に大阪南港(大阪府)で、28日には別府国際観光港でそれぞれ開催。別府市内の宿泊施設では早朝に到着する乗船客向けに、朝食と入浴をセットにした商品を提供。船内のレストランでは豊後牛を使った特別メニューやオリジナルグッズを販売する。
 10月8日と11月5日には別府港の出港時間(通常ダイヤは夕方)を午前10時に変更。乗船客に美しい瀬戸内海の景色を楽しんでもらう。
 別府と阪神間を結ぶ航路は1912年5月28日に大阪商船(当時)が開設。航路を引き継いだ「フェリーさんふらわあ」と、同じく100周年を迎える市旅館ホテル組合連合会などが実行委を立ち上げ、記念事業を展開する。
[PR]
# by b8spa | 2011-05-25 23:59 | ニュース