本町橋(歴史)

a0212770_18195335.jpg
江戸時代の別府の主要街道は、小倉街道である。現在の西法寺通りで、北から北町、本町、中町、南町が形成されていた。小倉街道が流川を超える際の橋の名称は本町橋で、この付近が別府の中心と言われる。四つ角には旅籠が成立し、中町の海側には高札場があった。現在のマルショクの駐車場である。さらには、高札場の湯もあった。
四つ角に位置する旅籠の屋号は、1902(明治35)年10月発行の『大分縣案内』によると、筑前屋(北の東辻)、佐伯屋(北の西辻)、天満屋(南の東辻)、中津屋(南の西辻)などで、この4軒の内、筑前屋を除く3軒が1804~1818年(文化年間)の屋号のままであり、当時から立地していたと推定できよう。なお、中津屋の南側には日名子(府内屋)があった。
1810(文化7)年2月、伊能忠敬が来別し、高札場に測量標を設置した。現在、記念碑が流川4丁目の道路沿いに建てられている。
なお、本陣は別府庄屋高倉策左衛門宅(現在の流川4丁目)、脇本陣はたばこ屋荒金市郎兵衛宅(南町)とのこと。
[PR]
# by b8spa | 2011-06-04 18:20 | 別府八湯の歴史

名残橋(歴史)

a0212770_1817446.jpg
名残橋は流川下流に架設された橋。名残橋は、現在の地番でいうと、流川3丁目の菊屋別府本店ビルの前にあった橋だ。現在、菊屋の前には、親柱のレプリカ「名残橋」が置かれている。流川通りは1917(大正6)年に8間道路に拡幅されて暗渠化。
この橋の架設年代は不明だが、おそらく江戸末期と推定できよう。当時の流川は、左岸に道路が走り、別府温泉で一番古いと言われる楠温泉へ行くために名残橋が架設されたと想像する。その理由は、別府の豪商・煙草屋主人の荒金義八郎が1862(文久2)年に書き記した『所用留』の「流川下流一帯見取り図」に記載されていないからだ。この地図には、下流に一箇所だけ橋が記載されている。場所は、現在の寿温泉付近である。
江戸末期の流川は、別府湾から名残橋付近まで船が遡上し、船溜りがあったらしい。川沿いには柳が植えられ、貸座席や旅籠などが成立し、花柳界の様相を呈していた。また名残橋の海寄りには新湯が開かれ、芸者衆が入浴したと言われている。温泉は引湯で、現在の流川4丁目にあった高札場の湯からの引湯である。この新湯はなぜ新湯というのか、分からない。高札場の湯に対する新湯なのか、楠温泉に対する新湯なのか、URAは楠温泉に対する新湯と想像する。この新湯もおそらく流川の拡幅の際に消えたと思う。
1871(明治4)年の別府港の築港で、流川の下流は船溜りとしての機能を失った。そのためか、明治末期以降の市区改正(耕地整理)の進行と共に、道路の整備が進み、海寄りに、すじかい(筋交)橋(現在の寿温泉の玄関先当たり)、柳橋などが架設された。
ちなみに、流川の流路は、現在、白水館の裏手に残されており、往時の流川の様子を見ることが出来る。
[PR]
# by b8spa | 2011-06-04 18:17 | 別府八湯の歴史

別府八湯検定の記者発表の際の質問に答えて

別府八湯検定の記者発表で、記者からいただいた質問にお答えします。
2011年06月02日URA作成

1.作問について
問題が別府八湯検定とするならば、もっと温泉に関するマニアックなものが多いほうが良いのではと言う意見
⇒別府八湯とは、別府八湯地域を指します。
地域は自然・歴史・産業・文化から成り立っていますので、作問はその分野から提出します。ただし、別府八湯地域は温泉を基盤に成立していますので、各分野で温泉の問題を取り上げることは当然だと思います。

2.別府八湯カリスマの呼称
温泉が主体の検定なら、別府八湯カリスマで良いと思うが、地域の問題となると無理があるのではという意見
⇒別府八湯地域のカリスマですから、無理はないという考えです。別府八湯という発想は別府市に8つの温泉地域があるという考えで生まれたと思いますので…。

3.問題の構成
自然・歴史・文化などの問題は20問程度にして、30問は温泉に関する問題にしてはどうかという意見
⇒1にも書きましたが、各分野で温泉(温泉施設)問題が出題されると思います。例えば、歴史の分野で、元寇の際に負傷兵が湯治したとされる温泉はどこか⇒楠温泉、などです。

4.全国の温泉&観光に関する問題
どの範囲が問題となるのかという意見
⇒ここ数年話題になったところを取り上げる予定です。別府八湯カリスマですから、趣旨にもありますように、別府八湯を極めれば、日本や世界の温泉を極めるという主張です。

5.ロングタオル
ロングタオルとは
⇒別府八湯カリスマの文字入りタオルで、タオルの産地である大阪府熊取町で制作をします。文字の色はミドリ(末永く続くという意味)、タオルの長さは110cmです。
文字は書道家でもある小堀貴亮先生(大阪観光大学、元別府大学)の直筆を採用しました。7月末に完成します。

以上
[PR]
# by b8spa | 2011-06-02 14:23 | ニュース

受験申込者第1号(大阪会場)

別府八湯検定試験の大阪会場では、早くも1人の方が申し込みを行いました。
[PR]
# by b8spa | 2011-06-01 23:15 | ニュース

第1回 別府八湯検定(2011年作問例)

第1回 別府八湯検定(2011年試験の作問例)

問1 別府八湯の自然(温泉資源などを含む)に関する問題である。
1.高崎山の標高は何メートルか。⇒正解は④628m
①328m、②428m、③528m、④628m、⑤728m

問2 別府八湯の歴史(年号、旧跡などを含む)に関する問題である。
1.別府港(旧楠港)は何年の開港か。⇒②1871(明治4)年
①1970(明治3)年、②1871(明治4)年、③1872(明治5)年、④1873(明治6)年
⑤1874(明治7)年 

問3 別府八湯の産業(交通、道路などを含む)に関する問題である。
1.やまなみハイウエイの開通は何年か。⇒②1964年
①1954年、②1964年、③1974年、④1984年、⑤1960年

問4 別府八湯の文化(文学、芸術などを含む)に関する問題である。
1.戦前の別府を描いた小説「湯の町」の作者は誰か。⇒④織田作之助
①太宰治、②川端康成、③徳田秋声、④織田作之助、⑤井伏鱒二

問5 (選択)別府八湯温泉道に関する問題である。
1.温泉道1番札所はどこか。⇒③竹瓦温泉
①寿温泉、②梅園温泉、③竹瓦温泉、④ひょうたん温泉、⑤楠温泉

問5 (選択)日本全体の観光・温泉&温泉地に関する問題である。
1.1986年に入湯手形を発行した温泉地はどこか⇒①黒川温泉
①黒川温泉、②熱海温泉、③由布院温泉、④長湯温泉、⑤妙見温泉
[PR]
# by b8spa | 2011-06-01 22:59 | 練習問題