別府八湯の文化(作家など)(2015年07月29日)

別府八湯の文化
作家など

織田作之助

「夫婦善哉」・別府三部作(雪の夜・湯の町・怖るべき女)2007(平成19)年には鹿児島県で「続・夫婦善哉」が発見された。

三島由紀夫

1958(昭和33)年、新婚旅行で杉乃井館に宿泊。地獄めぐりを行なう。

川端康成

「続千羽鶴」。1952(昭和27)10月来別。

菊池幽芳

大阪毎日新聞の記者。作家。「別府温泉繁盛記」「百合子」。

別府宣伝のため1907(明治40)10月に招かれる。

徳田秋声

「西の旅」「観海寺の五日」。近代自然主義の代表作家。1903(明治36)年2月末から1カ月間別府で療養。

林真理子

白蓮れんれん」。1994(平成6)年発行。白蓮と宮崎龍介との大正の恋物語。

ポール・クローデル 

1921(大正10)年から6年間、駐日大使を務めたフランスの外交官。詩人。

1924(大正13)年と1926(大正15)年に別府を訪問。

詩碑は1968(昭和43)年9月に建てられ、現在は北浜公園の中にある。

竹久夢二

1918(大正7)年来別。長崎旅行の途中、愛人・笠井彦乃と別府に立ち寄ったが、彦乃は肺結核が悪化。中田医院(現在の楠銀天街下の旭通り沿いにあった)に入院中の彦乃を約1カ月見舞った。

与謝野晶子

油屋熊八の招きに応じて、1931(昭和6)10月、与謝野寛・晶子夫妻が来別し、亀の井ホテルに宿泊。

斎藤茂吉

1921(大正10)年3月、ドイツに留学するので、長崎から東京に帰る途中に、東大医学部の同窓であるの鳥潟豊博士を尋ねるため、来別。

高浜虚子

1920(大正9)年、鉄輪の富士屋旅館に宿泊。日本八景に選ばれた別府温泉を高浜虚子が執筆。

「日本八景」(1927・昭和年)日発表。(東京日日新聞と大阪毎日新聞の共同企画・鉄道省後援)

柳原白蓮

大正時代から昭和初期にかけての歌人。柳原燁子(あきこ・白蓮)は京都の伯爵家に生まれた。16歳の時、養女先の子息と結婚させられたが、すぐに離別。1911(明治44)年、27歳の時、筑豊の炭鉱王である伊藤伝右衛門と再婚する。別府の赤銅御殿と呼ばれた別荘での生活が始まるが、その後、1921(大正10)年、青年社会運動家である宮崎竜介と駆け落ち。

丸山待子

歌人。29歳で夫と死別後、実家である小松屋へ戻り、1928(昭和3)年に浅利良道などと共に「大分歌人」を創刊した。野口雨情・与謝野晶子なども訪れ、小松屋は文化サロンとして機能した。

浅利良道

歌人。大分県短歌界の重鎮。1934(昭和9)年、大分合同新聞(当時は大分新聞)の歌壇選者となる。生誕地は現在の西法寺通り。

旧国道(小倉街道)では「中町」。旧屋号は満足屋。

奥野他見男

別府夜話」。1925(大正14)年発行。書き出しは「別府に怪しいものがある。家族風呂だ」。
1921(大正10)年に落成した不老泉のことを書いている。

若山牧水

1885(明治18)年、現在の日向市で生まれる。1925(大正14)年、妻と共に九州各地に出かけ、母を連れて別府で保養する。


[PR]
# by b8spa | 2015-07-29 18:36 | 別府八湯の文化

別府八湯の産業(観光・遊園施設)(2015年07月29日)

別府八湯の産業
観光・遊園施設

湯の花小屋 江戸時代の明礬製造がルーツ。現在、脇屋商会と岡本屋などが製造している。湯の花製造技術は、1968(昭和43)年に「別府明礬温泉の湯の花製造技術」として別府市の無形文化に指定、2006(平成18)年には同名で国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

別府地獄めぐり 海地獄が1910(明治43)年に遊覧施設を整えて入場料を徴収開始。

なお、海地獄血の池地獄白池地獄龍巻地2009(平成21)年)7月に、別府の地獄として国の名勝に指定されている。

鶴見園 1925(大正14)年開園。九州の宝塚と称される。

ラクテンチ 「別府遊園」として1929(昭和4)年開業。

高崎山自然動物園 1953(昭和28)年開園。

別府タワー 1957(昭和32)年開業。

名古屋テレビ塔(1954年)、通天閣(1956年再建)に次ぎ、日本で3番目に建てられた高層タワー。

別府ロープウェイ 1962(昭和37)年開業。

大分マリーンパレス水族館 1964(昭和39)年開園。

城島高原パーク 1967(昭和42)年3月、「キジマモートピアランド」として開園。

九州自然動物公園アフリカンサファリ 1976(昭和51)年開園。

ハーモニーランド 1991(平成3)年開園。

グローバルタワー 1995(平成7)年開業。ビーコンプラザの付帯施設。


[PR]
# by b8spa | 2015-07-29 16:21 | 別府八湯の産業

別府八湯の産業(博覧会など)(2015年07月29日)

別府八湯の産業
博覧会など

中外産業博覧会 1928(昭和3)年開催。

別府市の市制施行5周年を記念して開催。

別府国際温泉観光大博覧会 1937(昭和12)年開催。

別府と阿蘇・雲仙・長崎とを結ぶ国際観光ルート構想を契機に開催された。また、1935(昭和10)年に別府市と亀川町石垣村朝日村との合併を記念する意味合いもあった。

別府温泉観光産業大博覧会1957(昭和32)年開催。

やまなみハイウエイ(九州横断道路)の着工を記念して開催された展覧会。

別府八湯温泉泊覧会 第1回は2001年秋に開催。

別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」 第1回は2009年開催。


[PR]
# by b8spa | 2015-07-29 14:06 | 別府八湯の産業

別府八湯の歴史(豊後州速見郡濱湧温泉場賑之図)(2015年07月29日)

別府八湯の歴史
豊後州速見郡濱湧温泉場賑之図

豊後州速見郡濱湧温泉場賑之図は、当時の浜脇温泉の繁盛ぶりが良くわかる図。現在、別府市美術館で所蔵。(1枚・41cm×62cm)。
1881(明治14)年に発行。
大勢の入浴客や来街者、人力車などが描かれている。
温泉は、東湯と西湯があって、前者は弦月泉、後者は清華泉となる。
a0212770_13441425.jpg

[PR]
# by b8spa | 2015-07-29 13:45 | 別府八湯の歴史

別府八湯の歴史(歴史書・図版・人物)(2015年07月28日)

別府八湯の歴史
歴史書・図版・人物

①豊後風土記(奈良時代初期に編纂)赤湯の泉(赤湯泉)(現在の血の池地獄)、玖倍理(くべり)湯の井の記載。

②伊予風土記(奈良時代初期に編纂):大国主命と少彦名命。

③柴石温泉:895(寛平7)に醍醐天皇、1044(長久5)年に後冷泉天皇が病気療養のため湯治。

大友家:大友能直(ただなお)。初代として浜脇に上陸したと言われる。

大友頼泰(よりやす)。元寇、つまり1274(文永11)年の文永の役、1281(弘安)年の公安の役で活躍。

大友宗麟(大友義鎮)(よししげ)二階崩れの変(1550・天文19)2月)の際、浜脇に滞在。

⑤一遍上人(時宗):鉄輪蒸し湯。鎌倉時代の1276(建治2)年に開設と言われる。1277(建治3年)説あり。

⑥豊国紀行:貝原益軒。1694(元禄)7年発行。

⑦伊能忠敬:九州測量のため別府を訪れる。1810(文化7)年。翌年も来別。現在の千葉県九十九里町生まれ。佐原(さわら)の酒造家伊能家の婿養子となる。

⑧鶴見七湯廼記:森藩久留島領の照湯惣図。江戸末期。

⑨流川下繁盛の図:荒金儀八郎。1862(文久2)

井上馨:1865(慶応元)年、別府で湯治若松屋旅館の離れの2階で潜伏。楠温泉入湯。

豊後州速見郡濱湧温泉場賑之図:1881(明治14)年。

⑫豊後國別府驛温宗並波戸場一覧圖:明治中期頃発行。

⑬伊藤博文:日名子旅館で病のため湯治する。1893(明治26)

⑭ベルツ博士来別:1899(明治32)年。ドイツ人医師。

⑮豊後有名竹瓦温泉及二條泉之図:旅館森屋発行 1911(明治44)

⑯ポール・クロデール:駐日大使を務めたフランスの外交官。詩人。1924(大正13)年と1926(大正15)来別。


[PR]
# by b8spa | 2015-07-28 16:40 | 別府八湯の歴史