カテゴリ:エッセイ( 1 )

第3回・別府八湯検定試験を終えて(2013年08月12日)

検定試験の受験生の皆さん、暑い中、本当にご苦労さまでした。
ほぼ常連の皆さんが受験されましたが、中には、半ば強制されての受験生がいたと思います。(反省)

東京、石川など遠くからの受験生の皆さん、本当にお疲れ様。

今年こそは、「簡単に!」をモットーとして、作問につとめましたが、やはり難しかったようですね。
何せ、問題は2日間集中して、6時間で作成します。問1で1時間の時間です。

今年こそ、作問ミスを防ぐ予定が、やはりミスりました。ごめんなさい。
鬼石坊主地獄を鬼坊主地獄にした次第です[反省]。
情けない、と思います。

今年も、やはり年号で苦労をしたみたいですね。
歴史は、年号がつきものです。これは克服する必要があります。
そして、問5の別府八湯温泉道の問題は、温泉本から今後も出題します。

来年に向けての課題は、過去問の検討と、温泉本の勉強ですね。

来年は、やはり8月8日前後の土曜日の開催となります。
第3回まで続けましたから、第5回開催も見えてきました。

湯に浸かることも大切ですが、歴史や文化の湯に浸かることも楽しいので、今後の皆様のますますの精進を期待します。

それにしても、86点の方は惜しかったですね。
あと2点…。

ところで、受験の際の記念品に、浴衣がありましたが、、黒川温泉の「和らく」の浴衣です。ご提供、ありがとうございました。
a0212770_23281363.jpg

受験を終えての記念撮影![有志]
[PR]
by b8spa | 2013-08-12 23:21 | エッセイ