2011年 06月 06日 ( 1 )

毎日新聞掲載の別府八湯検定(2011年06月06日)

毎日新聞の記事です。
2011年5月31日付となります。

八湯検定:8月6日に別府市と大阪・熊取町で 全50問満点なら「カリスマ」 /大分

別府市内の温泉88カ所入湯を目指すスタンプラリー、別府八湯温泉道の創設10周年を記念し今夏、同市と、大阪観光大学がある大阪府熊取町で初の「別府八湯検定」が開かれる。別府八湯にかかわる自然や歴史、産業、文化や温泉など計50問。88点以上は別府八湯準カリスマ、100点満点は別府八湯カリスマの称号・認定証と特製タオルをもらえる。
検定は8月6日午後1時半~午後2時半。別府会場は別府市上田の湯町の市中央公民館、大阪会場は熊取町大久保南の大阪観光大で。受験料は1000円で、別府会場は88人限定。別府八湯温泉本やインターネットのホームページ「別府なび」「別府八湯温泉道」内の情報を中心に、同大学観光学科の浦達雄教授らが問題を作る。
別府会場の申し込みは6月1日~7月22日。
往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入し、〒874-8511 別府市上野口町1-15 市観光協会内検定担当へ。受験料は当日持参。【祝部幹雄】
[PR]
by b8spa | 2011-06-06 10:08 | ニュース