別府八湯の産業(交通・港湾・船舶)(2015年07月28日

別府八湯の産業
交通・港湾・船舶

①江戸・明治時代の主要道路

主要道路は小倉街道(現在の西法寺通り)

海門寺みち(銀座裏)は流川から妙見山を通って、海門寺に至る通り。

中浜筋は鶴見岳の扇状地(扇端)に出来た通り、波うち際なので、道路は曲がっている。

別大電車が開通して発展。1400年以上の歴史がある中浜地蔵尊が鎮座している。

1871(明治4)年、別府港築港。

日田県知事・松方正義が別府を視察した際、海上交通の便を図れば別府発展が期待されるとの発案から1870(明治3)年2月に着工。

1973(明治6)年、大阪開商社が蒸気「益丸」の定期運行開始。日名子太郎に回漕業務を委託。

1917(大正6)年、流川通りは暗渠となって、8間道路として拡幅。

1900(明治33)年5月、別大電車(豊州電気鉄道)開通。九州初の路面電車。

京都電気鉄道(1895年開通)、名古屋電気鉄道(1896)、大師電気鉄道(1899)、小田原電気鉄道(1900年3月)に続く日本で5番目の電気鉄道として開業。

1929(昭和4)年5月1日、別府桟橋前-境川間、北浜 ―別府駅前間開業。

1956(昭和31)1019日、北浜―別府駅前間廃止。

1972(昭和47)年4月、全面廃止。

1911(明治44)年、別府停車場(現別府駅)開業。

1920(大正9)年、別府港に大坂商船専用のコンクリート製固定桟橋完成。

1964(昭和39)年、やまなみハイウエイ開通。1994(平成6)年に無料化。

1967(昭和42)年、別府国際観光港、港湾機能を別府国際観光港へ全面移転。





[PR]
by b8spa | 2015-07-28 14:46 | 別府八湯の産業
<< 別府八湯の産業(名門旅館)(2... 別府八湯の文化(有名建築・近代... >>