「ほっ」と。キャンペーン

別府八湯検定に関する意見の回答(2012年06月19日)

別府市観光協会に届いた意見の回答です。
回答は浦個人の考えです。

(1)昨年の第1回出題は理解に苦しむ出題であった。
お答え:第1回ということで、出題者が張り切り過ぎたと思います。毎年、実施する予定ですので、徐々に慣れると思います。

(2)検定の目的が「八湯」というタイトルのため、八湯の①地理編、②泉源湯質編、③歴史編等に区分(各20問)して出題し4択の内1とすること。5択は好ましくない。
お答え:地域は、自然・歴史・産業・文化で構成されているという考えのもと、作問を行っております。そして、別府らしく温泉の問題もプラスしました。
4択だと、サイコロを振っても、25点は取れますので、5択にしております。

(3)参考テキストを返信の際に必ず知らせること。
お答え:要項に参考HPなどを掲載しています。参考書はまだありません。過去問を参考にして下さい。

(4)「八湯」に無関係な問題出題厳禁
お答え:八湯は、別府八湯のことで、温泉ではなく、地域のことです。先ほど書きましたが、地域の構成要素から問題を出します。

ご理解の方、よろしくお願いします。
[PR]
by b8spa | 2012-06-19 14:36 | ニュース
<< 別府八湯検定試験の申込者数(2... 別府八湯の温泉統計(2012年... >>