別府八湯の湖沼(自然)

別府八湯の湖沼として神楽女湖と志高湖があります。

a0212770_23175036.jpg
神楽女湖(かぐらめこ)は湖周1kmの湖。花菖蒲(はなしょうぶ)が知られる。約80種30万本1万5千株あると言われる。シーズンは6月上旬~7月上旬で、期間中には、野点などの様々なイベントを行なう鑑賞会も開催される。

a0212770_23182622.jpg

志高湖(しだかこ)は、海抜600mに位置する。湖面からは鶴見岳や由布岳がみえる。湖では、白鳥が遊び、ボートが浮かぶ。湖畔にはキャンプ場がある。湖を周回(約2キロ)する遊歩道もあり、徒歩で約30分程度で一周できる。レンタサイクルもある。
志高湖周辺には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど合わせて約1,000本の桜がある。4月には桜が咲き、5月にはポピー、6月にはアジサイが咲き、秋には紅葉が楽しめる。
[PR]
by b8spa | 2011-07-18 18:25 | 別府八湯の自然
<< 別府八湯検定試験(大阪会場)の... 別府八湯の源泉数(温泉) >>