秋葉神社(歴史)

a0212770_20354980.jpg
秋葉神社の北側を通る路地は「どい」と呼ばれ、江戸時代から続く旧秋葉通りである。この付近は交通の要地で、馬宿もあったとか。角地に建つタナベヤこと西原家(元は呉服荒物店)は1877(明治10)年に進出したとか。その前は松原で居を構えていたらしい。
[PR]
by b8spa | 2011-06-05 20:36 | 別府八湯の歴史
<< 若木屋(歴史) 秋葉神社(歴史) >>