第1回 別府八湯検定(2011年作問例)

第1回 別府八湯検定(2011年試験の作問例)

問1 別府八湯の自然(温泉資源などを含む)に関する問題である。
1.高崎山の標高は何メートルか。⇒正解は④628m
①328m、②428m、③528m、④628m、⑤728m

問2 別府八湯の歴史(年号、旧跡などを含む)に関する問題である。
1.別府港(旧楠港)は何年の開港か。⇒②1871(明治4)年
①1970(明治3)年、②1871(明治4)年、③1872(明治5)年、④1873(明治6)年
⑤1874(明治7)年 

問3 別府八湯の産業(交通、道路などを含む)に関する問題である。
1.やまなみハイウエイの開通は何年か。⇒②1964年
①1954年、②1964年、③1974年、④1984年、⑤1960年

問4 別府八湯の文化(文学、芸術などを含む)に関する問題である。
1.戦前の別府を描いた小説「湯の町」の作者は誰か。⇒④織田作之助
①太宰治、②川端康成、③徳田秋声、④織田作之助、⑤井伏鱒二

問5 (選択)別府八湯温泉道に関する問題である。
1.温泉道1番札所はどこか。⇒③竹瓦温泉
①寿温泉、②梅園温泉、③竹瓦温泉、④ひょうたん温泉、⑤楠温泉

問5 (選択)日本全体の観光・温泉&温泉地に関する問題である。
1.1986年に入湯手形を発行した温泉地はどこか⇒①黒川温泉
①黒川温泉、②熱海温泉、③由布院温泉、④長湯温泉、⑤妙見温泉
[PR]
by b8spa | 2011-06-01 22:59 | 練習問題
<< 受験申込者第1号(大阪会場) 別府八湯検定試験の趣旨 >>